こんにちは山梨県ビザ在留資格取得センターです。今回は日本に上陸した外国人が行わなければならない各種届出について書いて行きたいと思います。

市区町村への届出

市役所日本に新規上陸した外国人は住居地を定めてから14日以内に市区町村へ届け出ることになります。これは住居地移転の場合も同様となっていますので忘れず届け出るようにしましょう!

この新規上陸時の届出については、入管法上14日以内に届け出なかった場合には20万円以下の罰金に処せられることがあります。さらに遅れて新規上陸後90日以内に住居地を届け出なかった場合には在留資格が取り消されることがありますので注意が必要です。

地方入国管理局への届出

また氏名、国籍 地域、生年月日、性別、所属機関、配偶者との身分関係に関する事項に変更があった場合は、14日以内に地方入国管理局に届け出をすることとなります。

ただし例外もあり、就労系の在留資格でも「芸術」や「宗教」など所属機関の存在が在留資格の基礎とはなっていないものや「日本人配偶者等」のように身分系の在留資格については届出る必要がありません。

外国人を雇用する場合、外国人自身も各種届けで義務を知る必要がありますが、雇用者も罰則等が発生することもありますので可能な限り知っておく必要があります。今回の記事が山梨県でのビザ、在留資格の参考になりましたら幸いです。