こんにちは山梨県ビザ在留資格取得相談センターです。今回は定住者のビザについて書いて行きたいと思います。

定住者の在留資格とは

外国人

定住者の在留資格は、他のいずれの在留資格にも該当しないものの、日本において相当期間の在留を認める特別な事情があると法務大臣が判断した者を受け入れる為に設けられた在留資格(ビザ)です。

法務大臣が定住者の在留資格に該当する地位を指定する方法にはあらかじめ定住者告示をもって一定の類型の地位を定めておき、そのいずれかに該当する場合にその入国・在留を認めるものと、個々に活動の内容を判断して、その入国・在留を認めるものがあります。

定住者の具体例

定住者の具体的な事例としては下記のようなケースがあります。

  • 日本人と国際結婚した外国人配偶者の連れ子を本国から呼び寄せる場合
  • 「日本人の配偶者等」の在留資格をもつ外国人が、日本人と離婚した場合に変更するケース

これ以外にも様々な例外的なケースで定住者の在留資格は使われる事があります。

定住者の許可要件

定住者の許可要件については認定証明書交付申請、変更許可申請で下記のようになっています。一般的に連れ子を海外から招聘するのには認定証明書交付申請を使います。

認定証明書交付申請

「活動の非虚偽性」「在留資格該当性」が要件となっており、どの定住者告示に該当するかによって具体的な許可要件は異なります。

変更許可申請

「在留資格該当性」「狭義の相当性」が要件となっており、こちらもどの定住者告示に該当するかによって具体的な許可要件は異なります。

まとめ

定住者の在留資格(ビザ)は一般的な生活をしている場合、あまり関わりが無い在留資格かもしれません。しかし、日本人と国際結婚した外国人配偶者が、本国にいる実子を日本に呼び寄せる際の手続き等で多く活用されています。今回の記事が山梨県でのビザ、在留資格の参考になりましたら幸いです。