こんにちは山梨県ビザ在留資格取得相談センターです。今回は教授(教授ビザ)の在留資格について書いて行きたいと思います。

在留資格「教授」とは

教授教授とは日本の大学や高等専門学校で研究、研究の指導、教育をする活動を行う人が該当します。

具体的な例としてはとしては市立大学が外国人講師を呼び寄せる場合や外国人が日本の大学に講師として採用されるケース等があります。

在留資格「教授」では上陸の為の基準である上陸審査基準(入管法7条1項2号)は適用されません。また、教授の在留資格を獲得する為には十分な収入を得る事が必要です。学術上の活動を行っていても報酬を受けない場合は「文化活動」の在留資格が該当し、教授の在留資格を得る事はできません。

在留資格認定証明書交付申請

海外から教授の在留資格で呼び寄せを行う場合、在留資格認定証明書交付申請を行う必要があります。教授の在留資格の場合、技能等に比べ必要書類が少ないためご自身や学校で招聘や更新を行う事も十分可能です。カテゴリー分けは常勤の職員と非常勤の職員によって分けられており、常勤の職員を招聘する方が手続きが簡単となっています。今回の記事が山梨県でのビザ、在留資格の参考になりましたら幸いです。