こんにちは山梨県ビザ在留資格取得相談センターです。今回は在留期間更新手続き(ビザの更新)について見て行きたいと思います。

在留期間の更新とは

外国人在留期間の更新は雇用先手続きは外国人を雇用している企業自身でも行うことが多い手続きとなります。外国人が日本に入国する際には「永住者」を除き、全ての在留資格に在留期限が設けられています。

初めの段階では1年の在留期限の場合が多く、素行が良好で特に問題がない場合3年、5年と在留期限が伸びて行くことが一般的です。

外国人が日本で生活し続ける為には在留期限が切れる前に入国管理局にて在留期間の更新許可申請の手続きを行わなければなりません。この手続きを行わずに在留期間が過ぎてしまうと最悪の場合、退去強制の対象となってしまいます。外国人を雇用する場合、外国人社員の在留期限をしっかり把握しておくことが大切です。

在留期間更新許可申請

在留期間の更新許可申請は一般的な在留資格(ビザ)の場合、期限が切れる3ヶ月前から申請が可能です。在留資格の変更と同様、手数料は4000円となり入管法上、更新を申請すれば必ず許可されるわけではない点も同様です。今回の記事が山梨県でのビザ、在留資格の参考になりましたら幸いです。