こんにちは山梨県ビザ在留資格取得相談センターです。今回は永住者の在留資格(ビザ)について書いて行きたいと思います。

永住者のメリット

外国人

永住者の在留資格を取得すると在留活動や在留期間に制限がなくなり、自由に活動をする事が可能となります。日本人の配偶者等の在留資格(ビザ)の場合も在留活動の制限がありませんが、在留期間の制限がありますので日本人配偶者等のかたも永住者の在留資格を取得するメリットは十分にあります。

永住者のデメリット

しかし、永住者の在留資格を取得しても外国人である事に変わりはありません。パスポートも自国のものとなるので中華人民共和国(中国)など査証免除国の少ない国籍の方は海外旅行は不便なままです。また、在留カードの携帯、提示、在留カードの有効期間の更新などは必要で退去強制事由に該当すれば退去を強制される事になります。

永住者の許可要件

永住許可の法律上の要件は下記のようになっています。

  1. 素行が良好であること
  2. 独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
  3. 法務大臣がその者の永住が日本の利益に合致するとみとめること

上記3点を満たしている事が要件となっており、「技術 人文知識 国際業務」や「経営管理」などの方はある程度の資産や収入が必要となります。しかし、「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」の在留資格(ビザ)の方は1、2の要件は必要とされていません。

行政運営上の要件は下記のようになっており、下記が実質的な要件となっています。

  1. 原則10年以上継続して日本に在留していること
  2. 日本人の配偶者等については婚姻後3年以上日本に在留していること

その他、定住者や日本への貢献度が高いと認められる者は5年以上在留していること等が要件となっています。今回の記事が山梨県でのビザ、在留資格取得の参考になりましたら幸いです。